管打楽器と音楽の季刊誌
BAND LIFE Vol.6 夏号
特製ポスター付で
全国書店にて好評発売中!
価格:1,350円+税

BAND LIFE Vol.5 目次
【cover story】
今回の表紙はギネスブックでも「世界一の長寿クラシック音楽番組」にも登録された「題名のない音楽会」(テレビ朝日)の司会者、石丸幹二さん。ミュージカルスターの彼が手にしているのは、ご自身が購入したサックス。なぜ彼がサックスを?その理由はぜひ本誌でどうぞ!
【特集 うるわしの高音楽器グラフィティ~フルート編】
今回は高音を担当する管楽器3種類をまとめて大特集。まずは、サックスと並んで日本でもっとも愛好者が多いと言われているフルート。人気の頭部管を紹介します。フルート製作達人や頭部管にこだわるフルート奏者たちのインタビューにもご注目ください。
【神戸国際フルート音楽祭 フルート300人大集合】
今年から始まった「神戸国際フルート音楽祭」。歴史ある「神戸国際フルートコンクール」から、楽しい「ちくわ笛」まで、硬軟取り混ぜた楽しい試みを満載した音楽祭。そのなかで開催された300人の大合奏を、真上から俯瞰したカットを大公開。
【特集 うるわしの高音楽器グラフィティ~オーボエ編】
著名なオーボエ奏者のリードに背後から光をあて、ひとつひとつがどんな感じに削られているかをじっくり見てもらう、という世界初の実験を展開。またた読売日本交響楽団首席オーボエ奏者・辻功さん、NHK交響楽団首席オーボエ奏者・茂木大輔さんの記事も注目です。
【特集 うるわしの高音楽器グラフィティ~トランペット編】
花形楽器のトランペット。そのトップに君臨する奏者達は、さまざまな現場をみてきました。そこで感じたさまざまな疑問などを5つのポイントにわけ、元NHK交響楽団首席トランペット奏者・関山幸弘さんと、オーケストラアンサンブル金沢トランペット奏者・谷津謙一さんにとことん語り合って頂きました。
【第二特集 まけるな中低音!】
第二特集では、中低音金管にスポットをあてます。伝説の「マテソン・フィリップス・チューバジャズ・コンソート」復活のために奔走する若手奏者たち(PEDAL VOX)フランス空軍軍楽隊に籍をおきながらさまざまなジャンルで活躍するアントニー・カイエさんなどをご紹介します。
【スティールパンと吹奏楽】
20世紀最後の楽器と呼ばれるスティールパンは、中南米随一の産油国トリニダード・トバコで開発されたものです。この楽器と吹奏楽の素敵なコラボが可能な楽譜をつくりました。ソニー・ロリンズの名盤「サキソフォン・コロッサス」に収録され、一世を風靡した《セント・トーマス》。カリプソのリズムにのって、夏らしいラテンアンサンブルが楽しめます。編曲は津崎知之さん。楽譜は無料登録制アーカイブからどうぞ!
【話題騒然!これからの吹奏楽を考えされられる企画】
昨今の全日本吹奏楽コンクール課題曲の問題点、さらに「ジャパンバンドクリニック」で感じた、女性でなければ感じ取れなかったかも知れない「素朴な疑問」を独占公開。
【日本フルート事件簿1869-2017】
江戸から明治に切り替わった1869年。日本に近代的なフルート属の楽器が鳴り響いた年でした。そこから始まる日本フルート界におけるさまざまな事件の中から、エポックメイキングなものをピックアップ。
【昭和歌謡の名曲を20パターンのアレンジで楽しもう!】
ユニークな出版方法で注目を浴びるアスクスウインズが開始した「ザ☆歌謡曲!」を本誌は応援しています。これは、昭和歌謡のッ名曲を20タイプの編成(ソロ含む)で楽しめるという画期的な試み。第一期10曲がどんな編成で発表されたかが一目で分かります。それぞれのアレンジが楽器ごとにひと工夫されているというところも凄い!
バラエティ
シモクラ・ドリームコンサート 名場面集
ゲーム音楽生活向上委員会 by 市原雄亮
Chikoのゲンダイオンガクテキ楽器生活 by 宮川知子
Best Sound Clubへようこそ!
班目加奈、ヨーロッパで「雅」を吹く
るばんが by 黒坂洋介
バンドライフ通信/吹奏楽とジャズの心地よい接点は?~「バンクリ」で出会った四万十市立大正中学校FAIRY PITTA JAZZ ORCHESTRA他/フレックス時代到来/フレキシブル編成でサンバを楽しむ/童話作家がみた「バンクリ」/「TATSURO YAMASHITA on BRASS」の可能性/フルート300人大合奏に参加して(和田信吾)/ミツカがアツい~三塚知貴/スーパーウインズと自衛隊(渡邊与秀)他
英国金管楽団通信 by 関谷真
動物&サムライ楽器族
よなよなYOKAN ~BRASStic Barへようこそ by YOKAN