管打楽器と音楽の季刊誌
BAND LIFE Vol.6 夏号
特製ポスター付で
全国書店にて好評発売中!
価格:1,350円+税

オーボエ、リードを知ればこわくない

虎谷迦悦さん(日本オーボエ協会会長・洗足学園音楽大学名誉教授)の作品。

辻功さん(同協会理事長・洗足学園音楽大学教授)の作品。

宮川真人さん(同協会企画局局長・「アンサンブルエスプレッソ」フリー奏者)の作品。

長山航さん(長山リード工房)の作品。

木原聡子さん(フリーランス奏者)の作品。

堀江和夫さん(フリーランス奏者 http://rohrbau-oboe-spiel.music.coocan.jp/)の作品。

佐藤亮一さん(同協会事務局長・佐藤音楽工房)の作品。

瀧澤紘さん(フリーランス奏者)の作品。

下羽南さん(マルチリード奏者 http://officeminami.net/)の作品。

小川綾子さん(同協会常任理事・元「東京フィルハーモニー交響楽団」オーボエ奏者)の作品。

高橋勇美さん(同協会運営理事長・「オーボエショップサミー」)の作品。

30年前、某フランス人教授による作品(協力:鈴木宏子=同協会事務局次長・「トリオC(ツェー)」)

約60年前、NHK交響楽団に客員奏者として参加していたユルク・シェフトライン氏がつくったウィーン式の作品(協力:虎谷迦悦)

現代のウィンナオーボエ用の作品(協力:佐藤亮一)

通常のオーボエ(C管)より短三度高いE♭管の楽器「オーボエミュゼット」用の作品(協力:瀧澤紘)

バロックオーボエ用の作品(協力:瀧澤紘)。

通常のオーボエ(C管)より短三度低いA管「オーボエダモーレ」用の作品(協力:虎谷迦悦)。

通常のオーボエ(C管)より完全五度低いF管「コーラングレ」用の作品(協力:虎谷迦悦)。

低音オーボエの一種「バスオーボエ」用の作品(協力:虎谷迦悦)

低音オーボエの一種「ヘッケルフォン」用の作品(協力:瀧澤紘 製作はヘッケル社)

日本オーボエ協会(http://joboe.net/)は、それまでプロのオーボエ奏者のみの親睦団体であった「日本オーボエクラブ」を基に、新たに一般の愛好家や学生を含めた団体として1998年に設立。オーボエ界の発展と社会的啓蒙のために活動中。この機会に、オーボエ奏者のあなたもぜひ!入会案内はこちらです→http://joboe.net/entry.html